蛇口交換は自分でもできる|蛇口のタイプを見極めて業者に依頼

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で交換してしまおう

蛇口

なるべく同じタイプを

キッチンや風呂場といった蛇口は、長く使い続けていると必ず摩耗してしまうので、いつかは蛇口交換をすることになります。この際に業者を利用するのも良いのですが、費用を抑えるために自分で交換してしまうのもひとつの手です。蛇口本体はネット通販でも手軽に購入でき、タイプによるところも大きいですが、工具さえあればDIY感覚で手軽に蛇口交換できるようになっています。自分で交換すれば工賃などがかからず、費用は蛇口本体のみとなるので安く済むのもメリットです。まず、本体を購入することから始まりますが、交換するものは今使用している蛇口と同系統のものを選ぶ方が、工事の手間が少なく済むのでおすすめです。蛇口交換する際に必ずやらなければいけませんが、止水栓や元栓を閉めることを忘れないようにしましょう。

工事代を費用に充てる

ひと言で蛇口と言ってもその機能は様々で、浄水器付きやセンサーで水の出し止めができるものなど、多くの種類があります。せっかく蛇口交換をするのであれば、快適に利用できる生活に合ったものを選びたいものです。ネット通販などで商品を見ていても、想像はできても現物のようにはいかないため、迷ったらショールームなどで実物を見てみるのも良いかもしれません。蛇口交換の相場としては1〜3万円ほどとあまり高額ではありませんが、近年の主流となっているシャワーヘッドタイプなどは5万円くらいかかることもあります。業者に依頼すれば工事代に2〜3万円の追加料金がかかることを考えると、自分で交換する場合は多少の出費も問題ないので少し高めのものを狙うのも良いかもしれません。ただし、交換に失敗しないよう同系統であるかの確認を怠らないようにしましょう。